自費診療

当院では、自費診療にて「プラセンタ注射」、「にんにく注射」などを行っております。
お気軽にご相談下さい。
これらの注射は、午前のみの受付となります。

  1. プラセンタ療法(プラセンタ注射)
  2. ビタミン注射(にんにく注射)

プラセンタ療法(プラセンタ注射)について

プラセンタとは?

プラセンタとは、日本語で胎盤を意味します。
胎盤とは、お母さんのおなかの中で、胎児が大きくなるのに必要な酸素や栄養、免疫などを供給する大事な臓器のことです。妊娠中、子宮内部で胎児と胎盤はへその緒でつながっています。胎盤は胎児の発育成長に不可欠なもので、胎盤のおかげで直径1mm、重さ1gしかない1個の受精卵が約3㎏の赤ちゃんにまで育つことができます。妊婦さんの同意を得て提供いただいた胎盤から胎盤漿を抽出し、製薬化したものを投与するのがプラセンタ療法です。

当院でのプラセンタ療法

当院ではラエンネックの筋肉内注射を行っています。
ラエンネックは1959年に稗田憲太郎博士が胎盤漿をもとに開発した薬剤で、肝炎の治療薬として厚生省の認可を受け、主にB型肝炎やアルコール性肝炎の治療に使用されました。
現在では、プラセンタ療法は肝機能回復の他にも、新陳代謝の促進や細胞分裂の活性化によってシミやしわを少なくする効果や、成長ホルモンの分泌促進や活性酸素除去による老化防止効果などがあると言われており、主に美容外科領域で利用されています。また、肩こり腰痛といった筋肉痛の緩和や疲労感の回復にも効果が期待できます。

期待できる効果
  1. 肝機能の回復
  2. 新陳代謝の促進
  3. シミ、シワ、たるみを少なくする
  4. 発毛、育毛作用
  5. 疲労回復
  6. アトピー、ニキビの改善
投与方法およびその頻度

ラエンネックは、皮下注射や筋肉注射で投与します。最初は週1回を1~2か月程度で、その後は2~4週に1度、維持療法として使用します。

副作用

主な副作用は、注射部位の疼痛、過敏症【発疹・発熱・搔痒感など】、注射部位の硬結などです。ラエンネックは副作用の少ない安全性がとても高い薬剤と認識されていますが、ヒト組織由来のタンパク・アミノ酸等を含有する製剤であるため、ショック(血圧低下、呼吸困難、けいれんなど)を起こす可能性があります。投与後にこのような症状が出た場合あるいは不安に思われた場合には、必ず医師にご相談ください。

注意点

ラエンネックはヒト組織や血液を原料とした医薬品です。
ラエンネックを使用した方は、献血ができなくなります。

プラセンタ療法の注射料金

初診料・再診料 0円
プラセンタ1A 1650円(税込)
プラセンタ2A 2500円(税込)
プラセンタ3A 3300円(税込)

ビタミン注射(にんにく注射)

ビタミンB1を主成分とした水溶性ビタミンを静脈に直接注射するもので、注入すると、鼻ににんにくのような硫黄の匂いが広がることから、このようにも呼ばれています。
スポーツ選手などに利用者が多いこのにんにく注射は、疲れやだるさ、倦怠感を早く回復させたい方にとって、たいへん有効です。ビタミンB1は、体内でエネルギーを産生するために、また疲労物質を除去するためにも必要ですので、その不足が起こると、全身倦怠感、食欲不振、皮膚トラブルなど、様々な障害が現れやすくなります。
ビタミンB1は食事やサプリメントでも、ある程度は補うことができますが、症状が強い場合や即効性を期待する場合は、注射による補充が有効です。疲労回復、筋肉痛、肩こり、冷え症、腰痛、関節痛、ニキビ、肌荒れ、口内炎、二日酔い、夏バテの改善等に即効性があります。
疲労感の強い時や体力を回復してリフレッシュしたい時、病み上がり、夏バテで食欲の無い時、元気に仕事をしたい時などにお勧めです。美や健康を保つ上でも、とても効果的です。

  • Top